為替相場が大きく動く時が絶好の投資チャンス

損切の決断が少しでも遅くなると損失が大きくなるリスクが高まるので予想が外れたことがはっきりとしたときは早めに損切をした方が得と考えるトレーダーがいます。しかし、頻繁に損切をすることで資金が減るスピードが早くなってしまう可能性があることを知っておくべきです。為替のトレードをあまりしたことがない人ほど損切をすぐにしようと思いがちですが、レンジ相場の時は損切を我慢した方が結果を出せます。損が増えるのが嫌ならば相場の状況に合わせて損切のやり方を工夫することがベストです。事前に決めていた損切額になったからといって相場の分析をしないですぐに損切りを断行することは避けた方がいいです。損切を躊躇しないでしっかりすれば大きな変動があってもダメージが拡大する危険は少ないです。ただ、想定よりも損切の回数が多くなってしまうと損を取り戻すためにトレードの回数を増やさないといけないので大変です。そのため、損切をあまりしなくてもいいようにテクニカル分析を賢く使って慎重にエントリーをするタイミングを考える必要があります。逆張りで儲けようとする人がトレンド相場で投資をすると損切が何度も続いてしまうケースがよくあるものです。やはり為替で逆張りをしたいのならばトレンド相場ではなくレンジ相場になるまで待ってからトレードをすることが大事です。
予想した方向の逆に動き続けてしまった時に損失を最低限に抑えるために損切をきちんとすることは基本です。しかし、損切を実行してからすぐに反転してしまうと、損切のタイミングをもっとあとにすればよかった後悔してしまう初心者がいます。損切をしたい時にちょっとだけ待つようにすれば動きが反転して損切をしなくて済むことが多いです。ただ、多額の投資金を使って為替の取引をする時はちょっとした動きで損失がかなり大きくなってしまうので損切をスピーディーにすることが肝心です。新しい投資法を試したい際は普段より少ない投資金でトレードをした方が安全です。少額を使って投資術を検証すれば失敗してもダメージは少ないです。順張りに慣れている人が逆張りを新たに始めたいのならば、一気に上の方向に跳ねた時に売りのポジションを持つといいです。なぜならばスキャルピングをしている多くのトレーダーが利確をするために売り注文を出すことがありがちだからです。為替の相場が大きく動く時に多くのトレーダーがどんな投資行動をしようとするかを予想すれば的確な投資判断をできるようになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です