動画ビジネスの概要

インターネット動画の利用者は年々増え続けており、その動画にまつわるビジネスは重要性を増してきています。 そんな動画にまつわるビジネスについてご紹介します。 まず、現在において最も代表的と言えるのはYouTubeにおける動画広告ビジネスです。 YouTubeでは広告用の動画を単体で配信したり、他の動画の最初や途中に広告動画を挿入されています。 広告ビジネスとしてはとても多くの人々にリーチすることが可能な媒体です。 動画の初めと途中に挿入するものは別の一般の動画配信者の動画に表示されるものとなります。 これは配信者側にとってもビジネスとして重要なもので、一定の総再生時間とチャンネル登録者のある配信者は挿入される動画広告で収益を得ることができます。 YouTuberと呼ばれる人たちはこの方法で収入を得ており、もはや単なる趣味ではない「職業」と化しています。 動画広告には当然ながら作る側も存在しており、動画広告を制作するビジネスもあります。 企業が主体となって制作するケースもありますが、専門の広告動画制作を請け負う企業が委託を受けて制作する場合もあります。 動画広告を公開する媒体はYouTubeだけではなく、TwitterやInstagramなどのSNS、スマホアプリ、そして様々な商品に関連するサイトで公開されます。 そういったあらゆる場所で公開する動画を、それぞれの企業のニーズに合わせて専門の動画会社が制作します。 通常の横長の動画のみではなくスマホに合わせた縦長の動画も制作しており、最近ではVRコンテンツに向けたものも制作されています。 次は、既存のコンテンツの配信に関わる動画ビジネスです。 アニメや映画、ドラマ等をネットで配信して収益を得る業態で、月額で多くの動画コンテンツを見放題にして公開しています。 国内や海外ではあらゆる企業が動画配信ビジネスに乗り出しており、その広がりによってDVD・BDのレンタルや有料放送の利用者が動画配信の方に流れていっている実情があります。 その状況において、レンタル企業自体が動画配信ビジネスを始めるケースもあります。 配信サービス専用の動画コンテンツを提供するケースもあり、アニメ等の億単位の制作予算を要する動画コンテンツも制作・公開されています。 動画ビジネスはPCによるインターネット普及の次の段階となるスマートフォンの普及でさらに飛躍しており、現在盛り上がりを見せているビジネス形態と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です